大阪のオーダーメイドウェディングドレス販売店ランキング > 基礎知識 > ウェディングドレスの保管方法で注意したいことは?

ウェディングドレスの保管方法で注意したいことは?


ウェディングドレスの保管方法で注意したいことは?

ウェディングドレスの保管方法で注意したいことは?

陰干しをしましょう!
ウェディングドレスを使用したあとはクリーニングに出すでしょう。
帰ってきたドレスはかぶせてあるビニールをとって、まずは陰干ししてください。
1日風通しの良い場所に吊します。

これをすれば、こもっていた湿気を逃がせます。
保管した後も定期的に取り出して陰干しするといいです。
虫食い・染み・カビなどのダメージを防止することができます。

カバーをかけて保管してください。
保管する場合は市販されている不織布のカバーを使うと、通気性も良いですし防臭効果もあるので便利です。
購入する際はドレスに長さに注意してください。
ドレスの長さに合っていないものだと、裾がカバーでもたつきます。

ウェディングドレスの保管場所

ウェディングドレスの保管は桐箱へ収納するといいです。
防虫効果や通気性が高いことで昔から利用されているのが桐箱です。
大事なウェディングドレスを保管するのに向いています。
トレーンが長いロングドレスはハンガーに吊して保管することが難しいです。

折り目が付かないようにするには、畳んだ場所にクルクルと丸めた紙を挟んでおくといいです。
こうしておけばシワが防止できます。
しまう場合には防湿剤を入れておきましょう。

真空パックを使ってウェディングドレスを保存する方法もある!

次世代へ受け継ぐ長期保存に向いています。
次に着る場合は数十年先のこともあります。
最近では大切な服を真空パックしてくれるクリーニング専門業者もあります。

ウェディングドレスだけでなく着物も真空パックする時代です。
この方法は長期間の保管に向いています。
長期間着用しないウェディングドレスはクリーニングした後に真空パックしてもらえます。
これならば手入れと保管の面倒な悩みを一挙に解決してくれると思います。

一度着用したドレスは綺麗に見えても、汗や汚れが付着しています。
必ずクリーニングをしてから保管するといいでしょう。

基礎知識

販売店の
口コミ・評判

販売サイトの
口コミ・評判

サイトマップ
徹底比較ランキング