ウェディングドレスの着こなし方

ビーチウェディングで向かい合う新郎新婦


ウェディングドレスのスタイル

ウェディングドレスには、Aライン、プリンセスライン、ベルライン、スレンダーマーメイド、エンパイアライン、ミディミニの六つのスタイルがあります。
どれも魅力的なスタイルですが、上手に着こなすには自分の体形に沿ったスタイルを選ぶのが一番です。
でも、好みのドレススタイルと体形がマッチしない、ということもありますね。
そういう場合は、上手にカバーできるポイントを押さえていれば大丈夫!

ウェディングドレスの種類

ウェディングドレスのスタイルを知らなければ、上手に着こなせません。
まずは、どういったスタイルがあるのか詳しく見ていきましょう。

Aラインのドレスは、コンパクトな上半身とアルファベットの「A」のかたちに裾が広がったタイプですが、どんな方にも似合う王道ドレスです。
身長が高くても低くても、体形がほっそりしていてもぽっちゃりしていても、どなたにでもおすすめ。

プリンセスラインのドレスは、お姫さまのようにふわっとしたスカートが特徴で、アレンジ次第で誰でもキュートに!

ベルラインのドレスは、ウエストからふわっと広がり、裾にかけてまっすぐに落ちる釣鐘状のラインを出したドレスで、体形もカバーでき、豪華な雰囲気にしたい場合にぴったりです。

スレンダーマーメイドのドレスは、全体のシルエットが細く、膝までは体にフィットし、裾だけにギャザーやフレアを加えた人魚のようなデザインで、大人っぽく女性らしさが強調されます。

エンパイアラインのドレスは、胸元から足元にかけてストレートなラインが流れる、神秘的なスタイルです。
アレンジの仕方で、花冠などの少女のようなアイテムでキュートにも、髪をふわっとおろしてドレッシーに着こなすことができます。

ミディミニのドレスは、ウエストからふわっと広がっているものの裾丈が膝丈程度と短く、軽やかな印象のドレスです。
元気が良く、全体的にガーリーでキュートで、個性的といえるでしょう。

着こなしのポイント

ウェディングドレスを着る際には、肩まわり、胸まわり、ウエストまわりをそれぞれ体形にあったものにするのがポイントです。

肩の形については、いかり肩の方は大きく露出したデザインに、なで肩の方は首まわりにボリュームを持たせてみましょう。
また、胸のサイズが小さめの方はデコルテ部分にレースや飾りでボリュームを出させれば、いっそう華やかにもなります。
胸のサイズが大きめの方は胸で着るビスチェタイプを選ぶとよいでしょう。
ウエストラインについては、細身の方はワンポイント飾りをつけたり、太めの方はギャザーや切り替えで見え方が変わってきます。

いずれも、自分の体形をしっかり分析することが大切です。

大阪のウェディングドレス店おすすめランキング

商品情報

  • ¥200,000

  • ¥137,500

  • ¥137,500

  • ¥137,500

その他のウェディングドレスを見る

オススメの理由

セミオーダー専門店!カラーもサイズも自分好みに
約100着のデザインから選べる
納期は最短2ヶ月!8万円台~!

もっと詳しく見る

anjeri

おすすめの理由

森田圭伊子によるオリジナルドレス!
繊細でしなやかなラインが特長!
ヘアメイクやエステ、 ネイルも可能!

inoue

おすすめの理由

レンタルからオーダーメイドまで可能!
専任スタッフに相談しながら選べる!
小物やアクセサリーも充実!

aimer

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

four&sis co.

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

Ranking

  1. Marry me
  2. anjeri
  3. inoue
  4. aimer
  5. four&sis co.

基礎知識

販売店の
口コミ・評判

販売サイトの
口コミ・評判

サイトマップ